Share:

女性は世界人口の約半分を占め、家族の幸福や地域社会、そして経済の健全性に大きな影響を与えていますが1、女性の幸福に大きく影響を与え得る医療のある1つの側面が世界中で軽視されてきました。それが予防医療です。

女性に必要な予防医療を提供するためには、世界のリーダーたちがウィメンズヘルスを改善するためのデータを確認し、理解し、それに基づいてなんらかの行動を起こすことが求められます。世界ウィメンズヘルス指数は、ウィメンズヘルスのための予防医療対策にみられる格差を定量化しており、各国、地域、地域社会がウィメンズヘルスと健康の公平性という最重要側面に取り組む上で、政策を導く重要なツールとなります。
 

女性の平均寿命に密接に関わる5項目のうち、世界の平均得点が最も低いのは予防医療であり、100点満点中19点でした。

女性の予防医療におけるニーズと現実の隔たりを定量化

予防医療は、女性の平均寿命と生活の質の大幅な改善に寄与するとされていますが、女性が罹患する疾患と病態のうち最も深刻な4つである高血圧、がん、糖尿病、性感染症の検査を受けていないと報告する女性は10人中6人以上もいました。

さらに、Health Care Cost Institute(米国医療費研究所)によれば、COVID-19の世界的流行により、予防医療サービスを利用する女性が大きく減少しました2。 2020年に提出された予防的サービスに関する保険金請求は、2019年に比べて減少しています。

世界ウィメンズヘルス指数の調査は、女性が予防医療について抱いている認識と、実際の経験内容との隔たりを定量化します。心臓病とがんは世界で1番目と2番目に多い死因ですが、2020年は過去12ヶ月間にそれらに関する検査を受けたと報告した女性は世界中で非常に少なかったことが調査から明らかになっています。
 

調査から明らかになった問題点:

  • 高血圧は心臓病に関連しており、毎年推定1790万人が死亡し、世界中の女性の主要な死因となっています3。しかし、2020年には、過去12ヶ月間に高血圧の検査を受けた女性は3人に1人だけでした。
  • 2020年のがんによる死亡者数は約1,000万人でしたが4、同年に、過去12ヶ月間に何らかのがん検査またはがん検診を受けたと答えた女性は世界中でわずか12%でした。一部の国・地域では、検査を受けた女性はわずか3%でした。
  • 性感染症は、感染後も深刻な健康への影響を及ぼしますが、2020年に調査された世界中の国と地域では、性感染症の検査を受けた女性は9人に1人もいませんでした。

 

予防医療の実施は明らかに不足していますが、調査対象となったすべての国と地域の女性の大多数は、定期健診が人々の健康の改善に役立つと考えています。

 

女性は健康診断の価値を認識しているものの、受診にはつながっていません

定期健診に価値があると考える女性たちが、必ずしも過去12ヶ月間に医療従事者の診察を受けるなどの行動に移していたわけではありませんでした。大多数の国で、女性たちの認識と行動の間には大きなギャップがありました。例えばタンザニアでは、100%の女性が定期健診で女性の健康が改善すると答えたものの、過去12ヶ月間に医療従事者の診察を受けたことがあると答えた女性は70%に過ぎません。また、ミャンマーでは、97%の女性が定期健診で健康が改善すると答えたものの、過去1年間に医療従事者の診察を受けた女性は38%に過ぎません。

医療へのアクセスがしやすいか否かがこのようなギャップを生む一因である可能性があり、地域社会で働く医療従事者を増やすことにより改善される可能性があります。

ひとつ明らかなのは、世界には多くの改善点があることです。

 

指数の得点について

世界ウィメンズヘルス指数の全般的な得点が高いほど、予防医療、基本的ニーズ、メンタルヘルス、健康と安全性に関する意見、個人の健康の5項目において、より多くの女性が好ましい経験を持っていることを意味します。ホロジック社とギャラップ社は、この5項目が女性の平均寿命の80%以上を説明する要素であると考えています。個々の項目の得点が高いほど、より多くの女性が各領域において好ましい経験を持っていることを意味します。

ウィメンズヘルスに関する5項目

ギャラップ社とホロジック社の調査チームが特定したウィメンズヘルスに関する5項目は、女性の平均寿命の80%以上を説明するものです。この5項目とは、予防医療、基本的ニーズ、健康と安全性に関する意見、個人の健康および心の健康です。5

当指数により予防医療に関する各国間の著しい差が明らかとなりました

当指数の予防医療の項目に関する国別の調査結果は、最低点であるコートジボワールの8点から最高点であるラトビアの44点まで幅があります。50歳未満の女性と、初等教育が未修了の女性の得点が最も低くなっています。
 

予防医療に最も成功している国・地域

全般的に、世界ウィメンズヘルス指数の得点は、最高点を獲得した国・地域と、最低点を獲得した国・地域のいずれにおいても、予防医療の得点と密接に関連しています。得点が高いほど、健康と医療に関して好ましい経験をしている女性が多いことを示します。

予防医療に改善が必要な国・地域

全般的に、世界ウィメンズヘルス指数の得点は、最高点を獲得した国・地域と、最低点を獲得した国・地域のいずれにおいても、予防医療の得点と密接に関連しています。得点が低いほど、健康と医療に関して好ましい経験をしている女性が少数であることを示します。

検診と検査の基準は、国・地域により大幅に異なっています。また、いつ、誰が、どのように検査をするかについての国際的な一致した見解はありませんが、公衆衛生プログラムにおいて行動および説明責任を推進する上でこの基準は不可欠なものです。

健康診断の頻度に関する一致した見解は存在しません

女性が主要な疾患の検査を受ける上で推奨される頻度は、年齢と性別、現地で女性が利用できる医療リソースや医学界で一致した見解によって異なります。

世界ウィメンズヘルス指数の調査が行われた12ヶ月という期間は国際的に合意された頻度ではありませんが、当指数は一定の目安を提供します。今後の調査では検査データを毎年取得して、最新の健康に関する助言と比較することが可能となります。
 

当指数は好ましい変化をもたらすための指針を提供します

世界ウィメンズヘルス指数は、ウィメンズヘルスに必要な予防医療対策にみられるギャップを定量化しており、各国・地域の指導者がウィメンズヘルスと健康の公平性という重要な側面に取り組むための方向性を提示する指針となります。より良い医療こそが、世界中のより多くの女性が自らの健康の恩恵を享受しつつ、家族、地域社会、社会全体、ひいては経済の繁栄を手助けできる状況を作り上げるのです。

 

女性の健康は全世界の健康です

2020年版世界ウィメンズヘルス指数の詳細な調査結果を確認するには、レポートをダウンロードしてください。